瑕疵に瑕疵が重なる

工事監理者を置けば避けられる

工務店に全て任せきりにした場合、工事監理者を置かない、なんて事があります。
いざ工事が始まり、上棟式がすんでも、建物は仮設シートに覆われて見えない状態。
すっかり信用して、とくに自分の目で確かめるということはしない。

ここに大きな間違いがあります。
これでは本当に望んだ工事が行われているのか全くわかりません。
建物がほぼ完成し、引き渡し寸前になった段階で、建物のあちこちに不完全な部分や瑕疵が発見されてからでは遅いのです。
瑕疵が見つかり、その補修のために部屋の壁の一部をはがしたところ、ここでも新たに暇庇が発見された、なんていう話も耳にします。

もちろん、こういったケースは依頼した工務店の無責任な工事の仕方に最大の問題があります。
しかし、工務店にすべてをまかせたりせず、別に工事監理者を置けば避けられるといえるでしょう。