リフォーム豆知識 塗料について

塗料の性能を最大限に引き出す『希釈』

『希釈(きしゃく)』という言葉をご存じですか?
普段聞きなれない言葉ですが、大切な我が家の塗り替えには、非常に大事なポイントです。
直とんどの塗料は、塗る前に少し薄めて使います。
塗料を水やシンナーで薄めることを”希釈する”といい、塗料を薄める割合を希釈率といいますが、この希釈率は塗料メーカーが塗料の性能、耐久性を発揮するための基準として定めており、通常は5~10%など、最適な希釈率が設定されています。

希釈することによってわたしたちは、塗料の粘度(ねばり具合)を調整しているのです。
ねばりが多いと、刷毛やローラーの塗りムラが目立ちやすくなることがありますから、美しく仕上げるために適度に薄めることが大事なのですが、なかには刷毛が軽くなり作業、が早く進むので、決められた希釈率よりも多く薄めたり、いい加減な希釈率で塗る業者も少なくありません。

規定以上に薄めれば当然塗料の量は増え、塗れる面積が多くなります。
それといっしょに人件費や塗料代が削減され利益が増えます。
薄めすぎた塗料で塗られてしまえば10年の耐久年数が3年に減ってしまうことだってあり得ます。
でも、塗料が薄いのか濃いのかなんて、いくら見てもわかりませんし、実際に希釈するところに立ち会うのは難しいので、これを防ぐ方法はありません。
最後は施工する職人さんを信じられるかどうかになるわけです。

しかし、素人だと見限っていたあなたから「希釈」という言葉が出てきたら、業者はびっくりすると思いますし、それだけで、「この客は塗装のことをよく知っている。騙せないな」と警戒するのではないでしょうか。
どんなことが防波線になってくれるかわかりませんので、あなたが塗り替えを業者任せで終わらせないお客様なんだということを示すのは、とても大事だと思います。

大手より直接施工をしている塗装会社がおすすめ

大手ハウスメーカーなどでは、工事を下請け業者に発注するため、高くなりますし、下請け業者も利益を取るために、手抜き工事をする、なんてこともあります。
全ての下請け業者が手抜きをしているわけではありませんが、悲しいことにそういった業者は決して少なくありません。

しかし、直接施工をしている工務店などの塗装専門店では、下請け業者に発注しないため、適正な価格で工事を依頼することができます。
また、直接施工なので職人さんたちも手抜きなんてことを考えなくなります。

直接施工をしている会社でお勧めな業者がありますので、ご紹介します。
http://外壁塗装.jp.net
上記ホームページの外壁塗装センターさんです。
スタッフ紹介で各職人さんの顔がしっかり出ており、安心出来る会社だと思います。